高いことでも知られる英会話教室の授業料の相場について考えます。

授業料の相場

最近は子どもの習い事もたくさんの種類がありますよね。
定番のピアノや水泳などに加えて最近では英会話教室に個ともを通わせる親が多いようです。
子どもの将来を考えたときに、英語は最低限話せるようになってほしいと考えるからです。
英語への苦手意識を作るのを避けたいという理由もあるかもしれませんね。
では、英会話教室の相場はどのくらいなのでしょうか。
他の習い事に比べてどうなのでしょうか。
相場について考えるには、いくつかの要素を考える必要があります。
どういうことでしょうか。
英会話スクールには様々な種類があります。
ここでは子ども英会話に絞って考えましょう。
英会話といっても幼児向けの教室もありますし、児童向けのものもあります。
さらには中高生を対象にした英会話スクールもありますね。
幼児向けの教室では、必ずしもネイティブスピーカーの先生が担当しているわけではないかもしれません。
ネイティブスピーカーとは英語なら英語を母語としている人ということです。
もちろんネイティブスピーカーに教えてもらえるのならとても良いです。
幼児の時から本物の英語を聞くというのは大切ですからね。
でも、幼児向けの英会話教室でネイティブスピーカーが先生というのは珍しいですから、そのような教室があれば自然と月謝は高くなります。
そうです、ネイティブスピーカーの授業というのは日本人の先生の授業に比べて高くなりがちです。
すべての授業をネイティブスピーカーが受け持っていたり、サポートとして常にいるという英会話教室はとても多いです。
そのような教室は日本人の先生がいる他の教室に比べて相場より値段が高いということになりますね。
しかし、英語を母語とする人に学ぶことができるというのは非常に重要なことですからね。
少し高いという理由でその英会話教室を選択肢から外すのは残念な気がします。
本格的な英会話をしっかりと学びたいという人は相場よりも高くてもネイティブの先生に学ぶのが良いと思います。
グループレッスンか、個人レッスンかによっても値段は変わってきます。
もちろん個人レッスンの方が高いです。
しかし、個人レッスンの場合は授業の密度が高いですよね。
グループレッスンだと、性格によってはほとんど英会話を話さずに終わってしまうなんてこともありますからね。
そうなると意味がありませんよね。
自分の性格を分析しつつ決めるというのも重要ですよね。
個人レッスンの場合は月に1万円ほどの値段になることも多いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2018今英会話能力が必要なワケ.All rights reserved.